• TOP
  • EVENT & SCHOOL
  • EVENT
  • かながわの西がアツい!小田原&真鶴で自分らしく働き暮らす方々に聞きました!
EVENT & SCHOOL / EVENT

かながわの西がアツい!小田原&真鶴で自分らしく働き暮らす方々に聞きました!

posted:

昨年、開催した小田原&真鶴の合同企画『かながわの西を極めよう!小田原&真鶴で働き暮らす!? 〜自分らしく暮らそう!豊かなライフスタイル描くナイト〜』を今年も行うことになりました!
 
今回はイベントにお越しいただく、旧三福不動産代表で『第3新創業市』のプロジェクト委員長を務める山居是文さん、真鶴を舞台に活躍されているHoeigoのジェフリー・ギャリッシュさん、スタートアップウィークエンド・真鶴でオーガナイザーを務める青木茉実さんにお話を伺います。
昨年のイベントでお話を伺ってから、さらにかながわの西がアツくなっていると聞いています!どのように小田原、真鶴が盛り上がっているのか、ぜひ小田原・真鶴の“今”を教えてください!
 

チャレンジする人たちが繋がり、生まれる小田原の魅力

 

 
都内の会社に勤務した後、生まれ育った小田原へ戻り旧三福不動産を創業した山居さんは、元中華料理屋だった商店街の空き店舗をリノベーションしつくられたシェアスペース「旧三福」を運営されています。また、2015年から小田原・箱根エリアで「創業したい」、「自分の暮らしをつくりたい」という方たちのためのプログラム『第3新創業市』の委員長として小田原を創業のまちにしていくため日々活動をされています。
 
小田原は横浜から東海道線で1時間もかからず、街にはマルシェが定期的に開催されていたり、コワーキングスペースもあるし、地域のクラウドファンディングでの事例も増えてきていて、起業を応援するプラットホームが整っています。それぞれが連携しているので、起業を考えている人が自由に使えるような体制になっているんだとか。

小田原での創業について山居さんに伺ってみると、毎年起業する人が数十人はいるんだそう。そんな小田原で『第3新創業市』を実施している理由を聞いてみました。
 

山居さん  『もともと小田原で起業する人が全くいなかったか、というとそうでもないんです。でもそれぞれが知らない状態だったのが、『第3新創業市』を行うことで創業する人がこのプログラムを通じて繋がるようになりました。業種は違っても同じタイミングで起業した仲間として相談できたり、刺激しあえる関係性をつくることができたのは良かったですね。』

 

 
年間500万人の観光客が訪れるという小田原。
『第3新創業市』からゲストハウスが2つも誕生したことで、旅行者と地域の違った関わり方ができるようになったそう。
 
山居さん 『第3新創業市からゲストハウスが2つ誕生したことで、地域と関わる余白ができて、より多様な人が集まるようになってきました。多様な出会いのなかで地域の魅力も伝わっていくと思います。』
 
昨年、山居さんに登壇していただいたイベントでは小田原&真鶴のイベントは50人を超える人たちに集まっていただき、満員御礼!参加者の中から山居さんが把握しているだけでも4名が小田原へ移住されたそう!
今回のイベントでは、山居さんにナイスな物件情報もお聞きしたいと思います!笑
 

コンパクトな町だからこそできることがある。
真鶴からはじまる新しい挑戦。

 
さて、横浜から向かって小田原駅のさらに奥にあるのが真鶴町。人口1万人に満たないコンパクトな町で面白い動きが起こっています。その一つが「スタートアップウィークエンド・真鶴」の開催です。これはアメリカ初の起業体験イベント。ハスラー・ハッカー・デザイナーでチームを組み、週末3日間でサービスをつくって起業を体験します。
このイベントに参加したジェフリー・ギャリッシュさんにお話を伺いました。

ジェフリーさん  『スタートアップウィークエンドが真鶴で開催されることを知って、意外に感じたのと同時に、どんな人たちが運営しているのかとても興味を持ちました。それで参加してみると、予想通り、一緒になにかやりたくなるような面白い人たちが集まっていたんです。』
 

ジェフリー・ギャリッシュさん。シリコンバレーのあるカルフォルニアで育ち、外国人向けのコンテンツ、マーケティングのサービスを提供するため2013年にHoEigoを設立。

 
真鶴出身で 『スタートアップウィークエンド真鶴』のオーガナイザーを務める青木茉実さんにもこのイベントの魅力を聞いてみました!
 
青木さん 『はじめてスタートアップウィークエンド真鶴の様子を見たときに、いつも暮らしている町でいろんな人が交流していて驚きました。そこからイベントに興味を持って思い切ってスタートアップウィークエンド横浜に参加しました。そこで感じたのは、真鶴も負けてないってことです!笑
今年はオーガナイザーとして関わることになり、参加者の皆さんに満足してもらうのはもちろんのこと、地域の魅力も感じてもらえるようにしていきたいと思います!』

 

青木茉実さん。現在、都内の大学で観光マーケティングを専攻している大学4年生。たまたま前回の 『スタートアップウィークエンド真鶴』会場近くに酔っていたことがきっかけでこのイベントと出会い、そこから『スタートアップウィークエンド横浜』に参加し、見事優勝。今年はオーガナイザーとしてイベントを盛り上げます!
 
真鶴町で生まれ育った青木さんは、最近、町の雰囲気が少しずつ変わってきていると感じているそうです。
 
青木さん 『正直、地元にあまりいいイメージを持てていなかったんです。でも最近はスタートアップウィークエンドが開催されたり、カフェやピザ屋さんができたり、〈真鶴まちなーれ〉というアートイベントが始まったり。外からも遊びにきてくれる人が増えていて、私自身もいろいろな視点から町の魅力に気づけるようになりました。』
 
真鶴の環境について、ジェフリーさんも続きます。
 
ジェフリーさん  『もちろん、いろいろな課題もあるけど真鶴町は暮らしやすい大きさで、海も近く環境が最高です。必要な人と繋がるスピードも早くて、一度来たらまたすぐ来たくなると思いますよ。』
 

ありがとうございました!
 
9月29日金曜日のイベントでは、今回お話を伺った3人に、このインタビューでは紹介しきれなかった小田原・真鶴の魅力や、普段の暮らしや働き方についてお話していただきます!県西エリアが気になっている皆さん、移住を考えている方にとっては、不動産の話も含めリアルな情報がゲットできそうです。
ぜひ、遊びにお越しください!
 
 

【開催!】
『かながわの西を極めよう!小田原&真鶴で働き暮らす!?』
〜自分らしく暮らそう!豊かなライフスタイル描くナイト vol.2〜

 
今回お話を伺った3人に横浜へお越しいただき、ここでは聞けなかったディープな小田原、真鶴の“今”をお話をしていただきます!都心部に近い場所で、自分らしい豊かな暮らしをしたい方、小田原、真鶴出身でそろそろ地元で何かチャレンジしてみたい方はぜひお越しください!
 
日時:9月29日金曜日19:00スタート
場所:コワーキングスペースmass×mass(みなとみらい線馬車道駅 6番出口 徒歩3分)
参加費:1500円(軽食&1ドリンク付き)

▼参加申し込みはこちらから!
https://www.facebook.com/events/744895899041762/

 
 

最後に

 

今回、お話を伺ったのはKiiスタッフのほりごめ。3人の話を聞いて、ここでは書ききれなかった魅力をイベントで引き出します!
 

お話を伺った小田原にあるコワーキングスペース旧三福。電車に乗ってしまうとそこまで遠く感じないこのエリアにはまだ活用されていない素敵な物件がたくさんあるんだとか。気になりますね!
 

 
今回は山居さんが小田原で運営しているコワーキングスペース旧三福さんのスペースでお話を伺いました。
まだまだ小田原・真鶴にはついついお店をはじめたくなるようなナイスな物件がたくさんあるんだとか。9月29日のイベントでは不動産会社を営む山居さんだから知っている小田原エリアの物件情報もイベントの中で聞いてみたいと思います!