PROJECT / Co-working School Camp

Co-working School Camp はじまる。

posted:

なぜ、今地域にコワーキングスペースが必要なのか?

働き方の多様性が進む時代、社会の仕組みも変化することが求められています。

会社から個人、組織からチーム、所有からシェアという時代

いち早く社会の流れをキャッチして、人と人が出会い、アイデアや価値観を交換しあえる場をどのようにプロデュースしていけばいいのか?

地域を舞台に、そのエリアの価値の最大化を目指すためのコワーキングスペースの運営ノウハウを学ぶ場所、はじまります。

 
プログラムチラシ_表
プログラムチラシ_裏
 

資料請求

資料請求・各種お問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。
追って、こちらからご連絡差し上げます。

お名前

メールアドレス

メールアドレス(確認)

現在の所属先/事業者名/団体名

お問い合わせ

 
 

マスマスについて

 

150マスマス ロゴ のコピー
あたらしいチャレンジが集う場所
〜地域とつながるシェアオフィス〜

50席のコワーキング・スペースと、30以上ある専有空間シェアオフィス、
地域をオモシロク、豊かにしたい人達が学べるスクール、
あたらしいチャレンジをはじめたい人達が集うコミュニティプラットフォーム

 
横浜の中心市街地の空きビルの1Fと2Fをリノベーションして作られたコミュニティプラットフォーム。多様なレイヤーの人達が集い、日々ビジネスの実践、対話を通してイノベーションを起こす仕掛けを生み出しています。
【ソーシャルビジネス・スタートアップ講座】を開講、また、【地域をつむぐローカルジャーナリズム講座】【食と農のプロデューサー養成講座】等、さまざまなコミュニティ運営を実施しています。人と人が出会い、交流を通じて、地域であたらしく何かをはじめたい人へ一歩踏み出す後押しを丁寧に取り組んで来ました。コワーキングスクールキャンプを通じて、地域のコワーキングスペースの運営事業者同士の繋がり、地域の課題解決のノウハウをメンバー同士で共有しあえるコミュニティプラットフォームを形成していきます。
マスマスを運営するKiiについて詳しくはこちら → https://kii-net.jp

 
 
 

関連記事