• TOP
  • PROJECT
  • FAAVO横浜
  • 私たちの生き方・働き方を考える LOCAL BOOK STOREをつくりたい!
PROJECT / FAAVO横浜

私たちの生き方・働き方を考える LOCAL BOOK STOREをつくりたい!

posted:

FAAVO by CAMPFIRE横浜
support by 関内イノベーションイニシアティブ株式会社

スクリーンショット 2015-11-10 9.14.15

 
FAAVO横浜とは、「出身地と出身者をつなげる」をコンセプトに”地域を盛り上げるプロジェクトを応援するクラウドファンディングプラットホーム”。弊社株式会社関内イノベーションイニシアティブが事務局を担当。
クラウドファンディングとは・・・個人や企業・団体の志やプロジェクトを実現するための資金をインターネットを通じて、それに賛同・共感する人たちから集める手法です。群衆(Crowd)と資金調達(Funding)から成る造語。
FAAVO横浜を詳しくしろう!スペシャルサイトはコチラ

 

私たちの生き方・働き方を考える LOCAL BOOK STOREをつくりたい!

マスマスは横浜・関内で「地域とつながるシェアオフィス」「チャレンジする人を応援する」をブランドコンセプトに今年で10周年をむかえるコミュニティプラットフォームです。

昨年春から私たちの暮らしを根本から変えてしまうCovid-19の蔓延の中で、現時点でもまだまだ不安な状況が続いています。“働き方”“暮らし方”が大きく変化しているのを肌で感じる中、少しでも前を向いたりポジティブになれる“場”と”きっかけ”を作れないか?

10年間、コワーキングスペースを運営しさまざまな起業家と出会い、場づくりをしてきた私たちだからできる新しい機能を実装したいと思いプロジェクトを企画しました。

ここ横浜・馬車道に
私たちの生き方・働き方を考える《LOCAL BOOK STORE》をつくりたい。

主な機能は3つあります。

1つ目は、1棚1オーナー制度のみんなが本を持ち寄り、みんなで運営する本屋&図書館。
2つ目に、ローカルクリエイターのプロダクトを紹介・販売もできるPOPUP SHOP、
最後に、ドロップインで訪れた人や入居起業家同士、気軽に会話が生まれるTEA BAR。

クラウドファンディングの目的はこのプロジェクトを通じて、みなさまからのご支援をいただきながら、横浜や全国の仲間とつながること。

ぜひ一緒にこの“場”づくりにご参加いただけたら嬉しいです。ご支援何卒よろしくお願い致します!
 

 

 

 

 

 
 

この時代、これまでの“正解”が必ずしもこれからの“正解”ではない時代になりました。

 
高齢化や人口減少、格差社会と気候変動、そしてコロナ。
数え上げれば、無限にあるように感じる地域&社会課題。
これらが一気に解決するということは、難しいかもしれません。

そんな課題とともに生きながら、私たちはどこでどう生きたいのか。
また、自分たちの世代だけではなく、次の世代に何を残していけるのか?

今は目の前の仕事を1つ1つ着実にこなしながら、
今よりもっと良い未来を残すために、何ができるのか
その選択肢を数多く知ること、触れることが大切だと思っています。

これまで日本社会では“会社”“家族”というコミュニティがさまざまな役割をになってきました。
そして、時代の変化と共にそれらのコミュニティの力が弱まり、あらたなコミュニティの存在を求めるようになってきています。

佐渡島庸平さんの本「WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE.」の中で、
SNSが発達して、人と人がどんどん繋がる自体、知り合いも増えて、情報交換も忙しくなっている、けれど、孤独は増しているのではないか。
この時代だからこそ、リアルの場を大切にしながら、
SNSも活用しながら、本を通じたコミュニティ作りにチャレンジしたいと思います。
そしてこの“LOCAL BOOK STORE”が、
いつしか全国のコワーキングスペースにどんどんインストールされていくことも願いつつ。

さまざまな可能性に触れて、未来の生き方・働き方を描くヒントを見つける場所。
ぜひこのプロジェクトの仲間にそして応援していただけたら、本当に嬉しいです。

ご支援よろしくお願い致します!

 
 
詳細はFaavoサイトへ
  
 
 

  
  
 

プロジェクト概要

タイトル

私たちの生き方・働き方を考える LOCAL BOOK STOREをつくりたい!

期間

2021年3月31日まで

目標金額

200万円
All in方式

起案者情報

森川 正信
シェアオフィス・コワーキングスペース「mass×mass