• TOP
  • EVENT & SCHOOL
  • EVENT
  • 【11/6】 mass×mass cafe テーマ『英治出版と考えるこれからの起業と本の読み方』
EVENT & SCHOOL / EVENT

【11/6】 mass×mass cafe テーマ『英治出版と考えるこれからの起業と本の読み方』

posted:

マスマスが毎月開催している交流会「mass×mass Cafe」。11月のテーマは『英治出版と考えるこれからの起業と本の読み方』です。これからスタートする「マスマス屋台本屋 × 英治出版」のキックオフパーティーも兼ねての開催。今回はそれを記念して英治出版代表の原田英治氏をお招きしてトークセッションも行います。マスマスへ来たことがある人も、ない人もどなたでもご参加できますのでお気軽にお越しください!
 

テーマ

はじまる!「マスマス屋台本屋 × 英治出版」
『英治出版と考えるこれからの起業と本の読み方』

 

マスマス屋台が本屋に!?これまで「まちなか社食」やコーヒー、マフィン販売など新しいマスマスの「顔」として活躍中のローカル・ファースト・ワゴン(ロコワゴン)ですが、11月より『英治出版』の協力のもと屋台書店としてもデビューすることになります!それを記念して11月の「mass×mass Cafe」は英治出版の代表で起業家でもある原田英治さんをゲストにお招きしての開催!
 
人の夢を応援する会社、英治出版とは?
英治出版は『誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する』と『Good Business Together』という言葉を経営理念に掲げている会社です。これまで「U理論」や「夢はボトルの中に」など起業や創業に役立つ本からソーシャルイノベーション、社会課題の解決に結びつくような強いメッセージ性・テーマ性を持った本まで数多く出版されています。それらの本は、これから地域に根ざした活動をしたい、ソーシャルビジネスで起業したい、なにかにチャレンジしたいという方たちの背中をそっと押してくれる、一歩踏み出す勇気を与えてくれるものばかり。英治出版代表の原田さんは本を通じてどのような未来を創っていこうとしているのか。いち起業家でもある原田さんの口から出版社を創業した経緯からこれまでの軌跡、そしてこれからどんなことにチャレンジしていきたいのか、生の声を聞きたいと思います!トークの後にはざっくばらんに質疑応答タイム、そしていくつか起業・創業の前に読んでおくべき一押し本をスタッフの方から紹介してもらいます!次に書店へ行ったときは、英治出版の本を探したくなること間違いなし!◎

 

マスマス屋台も次のステージへ!<アイデア大募集>
お昼の時間に「まちなか社食」の販売や地元横浜山手のコーヒーロースター「aldo coffee」、弘明寺の姉妹がつくる絶品マフィン屋さん「ASmuffin」など、横浜のおいしいものを販売してきたマスマス屋台《ロコワゴン》。2Fシェアオフィス「TENTO」と同じ神奈川県山北町の間伐材を使用して作られました。お昼の時間になるとマスマスメンバーはもちろん、ご近所のOLさんなどにも大人気で毎日70食ほど買われるようになり、マスマスはまさに「社食」のようにわいわい賑やかになります。このように地域に開かれた場になっているマスマスが、なんと新たに屋台第2号を製作することが決まりました!!!そこで、これからどのような活用ができるのか、皆さんと一緒にでアイデアを出し合う時間を少しだけ作れたらと思いますので、こんな屋台にしたい、ロコワゴンを活用してなにかチャレンジしたいというものがある方は是非この場で発表してください!

Guest / 英治出版株式会社 代表取締役 原田英治 Eiji Harada

原田プロフィール写真

○原田英治(英治出版株式会社 代表取締役)プロフィール
大学卒業後にコンサルティング会社勤務を経て、99年に独立、英治出版を創業。
創業時から”誰かの夢を応援すると、自分の夢が前進する”をモットーに、著者のメッセージをパブリックにすることで、より良い明日に貢献する応援ビジネスとして出版業を行っています。また社外ではアショカ・ジャパンのアドバイザーやAFS日本協会(留学生の受け入れ、派遣事業を行っている公益財団法人)理事も務めています。
※今年の創立記念日に社内で行った原田へのインタビューを記事にしています。
http://www.eijipress.co.jp/blog/2015/06/22/21383/

○英治出版について
病児保育を行うNPO法人フローレンス代表、駒崎弘樹さんが書いた『「社会を変える」を仕事にする』を出版するなど、「社会変革」にまつわる書籍を多く出版しています。その他のラインナップとして「経済開発」や「組織開発」の書籍を出版しています。
10月には2タイトル『社会的インパクトとは何か』『世界を変えるデザイン2』を発売しました。
また最近は、2014年度のアショカ・フェローに選ばれた曽根原久司さんが代表を務めるNPO法人えがおつなげての協力のうえ英治出版ファームを山梨県北杜市の増富地区につくり、野菜を育てることもしています。えがおつなげては、「都市と農村をつなげる」コンセプトのもと、近年面積を増やす耕作放棄地を企業の手によって復活させる事業「企業ファーム」を行っています。
英治出版:http://www.eijipress.co.jp/

 
1200DSC_5028
 
1200DSC_4998
 
1200DSC_4999
 
1200DSC_5159
 
 

マスマスカフェとは

横浜のコワーキング・シェアオフィスを運営する関内イノベーションイニシアティブ株式会社が、毎月第一金曜日に開催するトーク&交流イベント。毎回あたらしい価値を創造しているクリエイターや起業家をお招きして、これからの時代を切り開くためのアイデアやマインドのヒントを探るナイトパーティー。
あたらしくビジネスをはじめたい人、課題を解決するブレイクスルーを求めている人、一緒にプロジェクトを始める仲間が欲しい人等、沢山の人が集う場です。もちろんマスマスに入居を検討している方も、毎回ウェルカムです!是非遊びに来て下さい。
 

◎前回のマスマスカフェのようすはこちら!
10月は『大磯農園』というプロジェクトを手掛けるNPO法人西湘をあそぶ会の原大佑さんがゲスト。都市部と郊外を繋げ農的暮らしの魅力、神奈川を舞台にした2拠点居住、週末田舎暮らしなど、さまざまなお話を伺いました。
http://massmass.jp/event_and_school/1002_report/

 
◎マスマスカフェから企画が誕生!
9月のマスマスカフェのゲスト市来さんが運営するゲストハウス「MARUYA」に泊まる、熱海ツアーの詳細が決まりました!沢山の皆さんと一緒に“ゲストハウス MARUYA”を訪れながら、熱海の地域特性や魅力について、歩いて泊まって食べて飲んで語る2日間と出来ればと思います。奮ってご応募下さい!
http://massmass.jp/event_and_school/atami_tour112829/

 

マスマスについて

あたらしいチャレンジが集う場所
〜地域とつながるシェアオフィス〜

50席のコワーキング・スペースと、30以上ある専有空間シェアオフィス、
地域をオモシロク、豊かにしたい人達が学べるスクール、
あたらしいチャレンジをはじめたい人達が集うコミュニティプラットフォーム

 
横浜の中心市街地の空きビルの1Fと2Fをリノベーションして作られたコミュニティプラットフォーム。多様なレイヤーの人達が集い、日々ビジネスの実践、対話を通してイノベーションを起こす仕掛けを生み出しています。
現在【ソーシャルビジネス・スタートアップ講座】を開講、後期は10月21日開始。また、【地域をつむぐローカルジャーナリズム講座】も開講中(単発受講も可)。自らローカルメディアを作り、運営して地域の魅力を発信したいという方は是非!※マスマスHPにてエントリー受付中。また【食と農のプロデューサー養成講座】も開講。横浜と神奈川の街を“美食の街”に!食と農の分野であたらしい視点で事業を起こしたい人を応援する講座を実施しています。講座を通じて、横浜であたらしく何かをはじめたい人へ一歩踏み出す後押しができればと思います!この秋は講座盛りだくさん◎ 何かはじめたい!変わりたい!けど、いきなりは難しいかも、という方は小さな一歩としてmass×massの講座を受けてみてはいかがでしょうか!もちろん、マスマスカフェにはマスマスのスタッフも参加!ご質問がなどあればお気軽にお声がけください!
マスマスを運営するKiiについて詳しくはこちら → http://massmass.jp/data/

 
 

開催概要

日 時

11月6日(金) 19:00〜22:00
◯18:30 開場
◯19:00 スタート
◯19:10 ゲストトーク 原田さん 20分
◯19:30 クロストーク 15分
◯19:45 会場を交えた質疑応答 15分
◯20:00 ロコワゴン第2弾!!〜アイデア出し大会〜 20分
◯20:20 交流会
◯21:30 中締め

※前回は大磯のとれたて野菜を使ったフードでわいわい

場 所

mass×mass関内フューチャーセンター 1F

アクセス

みなとみらい線馬車道駅 6番出口 徒歩3分
JR関内駅、横浜市営地下鉄関内駅 徒歩7分

参加費

1500円(1ドリンク&軽食 ※ドリンクやフードの持ち込みも大歓迎です!)
会場受付にてお支払いください。

定 員

40名ほど

担 当

もりかわ & ほりごめ