日本の実力あるスタートアップに経営リソースを供給するオンライン起業プラットフォーム『StartPass』にマスマスが参画しました

posted:2020.11.25 MEDIA

『StartPass』のアライアンスパートナーとして参画

マスマスは、日本の実力あるスタートアップに経営リソースを供給するオンライン起業プラットフォーム『StartPass』<運営:株式会社StartPoint(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小原聖誉>、以下StartPoint)のアライアンスパートナーとして参画致しました。

横浜・神奈川エリアのスタートアップの成長に微力ながらサポートしてまいります!
みなさま引き続き応援よろしくお願い致します!

———————–

プレスリリース抜粋:

この度、StartPassに参画させていただくことになりました。
僕らのシェアオフィスの入居起業家である藤澤さんから小原さんをご紹介いただき、トークイベントを通じてStartPassが担える役割、サービスを通じて目指したい社会/VISIONのお話を聞かせていただきました。その後、「StartPass」のコミュニティに触れ、圧倒的なスピード感と上場やEXITしたばかりの起業家・VCの方自身が自分の言葉で語るスタートアップのリアルな世界を体感し、驚きとともにこれからの日本の社会で“チャレンジを続ける起業家”にとって大切な役割を担うプラットフォームになると感じました。
mass×massは、“地域とつながる”シェアフィス&コワーキングスペースとして「チャレンジする人を応援する」を事業の軸に掲げ、横浜や静岡県沼津市などローカルを舞台に社会的課題や地域課題を解決する起業家やクリエイターが集うコミュニティプラットフォームを運営しています。
東京という人と情報が十分に集う場所だけでなく、「StartPass」は日本のローカルエリア・地域の起業家にとっても、大切なオンラインコミュニティになると確信しています。
mass×massも『StartPass』の参画パートナーとして、働く場・ローカルエリアの起業家コミュニティの面から起業家の方々をサポートできればと思っております。

マスマススクエア株式会社
森川正信

———————–

株式会社StartPoint プレスリリース

プレスリリース

スタートアップ支援事業を手掛ける株式会社StartPoint(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小原聖誉、以下StartPoint)は、日本の実力あるスタートアップに経営リソースを供給するオンライン起業プラットフォーム『StartPass』において、「StartPass Value 2021」を策定し、それに伴い新たに29社(合計111社)のアライアンスパートナーにご参画いただいたことをお知らせいたします。

■「StartPass Value 2021」の策定にあたって
起業家の支援を使命とするStartPointでは、実力ある日本のスタートアップが適切な支援により持続拡大する世界を実現すべく、スタートアップ特有の”ヒト・モノ・カネ・情報・時間”すべての経営リソース不足という課題を総合的に解決するオンライン起業プラットフォーム『StartPass』の提供を行っております。

『StartPass』は今後も、質量共に提供リソースの拡充を続け、スタートアップの加速能力を上げることに尽力して参りますが、価値を発揮する方向性をこの度「StartPass Value 2021」として策定致しました。
この方針に共感いただける有力なパートナーの皆様の総力を結集し、日本のスタートアップの持続拡大を実現していく所存です。

■「StartPass Value 2021」について
スタートアップは、起業家独自の思いと見立てにより将来拡大する新市場に参入することから、Jカーブと言われるモデルで成長します。そのため株式を通じて資金調達する必要があり、その主な出し手であるVCのビジネスモデル故基本的に10年以内にイグジット(上場・M&A)が求められる特殊な企業形態です。そのためこの前提にフィットした経営リソースの拡充が必須となります。

StartPassではスタートアップの持続拡大の実現に向け、
Relation・Action・Content・Environmentの4つのアプローチで取り組みます。

-Relation
ヒトモノカネ情報時間の経営リソースを全方位で拡充するための、国内主要VC・厳選された有識者・有力な事業会社など、質を担保しながら量を確保した有識者群へアクセスできるようにします。また、マッチングのみならず、線のコミュニケーションができる環境を整備し続けます。

-Action
ムリムラムダなく経営・事業戦略を実行することを推奨し、支援していきます。

-Content
今まさに戦っているスタートアップとして捉えるべき、深く幅広いナレッジ・一次情報を血肉になる形で提供していきます。

-Environment
実行力のあるスタートアップが集まる場所に身を置けることは当然として、StartPass導入スタートアップ間でのリサーチ・βテスト・MVP(Minimum Viable Product)の展開・相互に適切なクライアント確保が実現できるようにします。

■『StartPass』サービス概要
URL:https://startpass.jp/

StartPassは、スタートアップの経営リソース不足を総合的に解決するプラットフォームです。

StartMaster:国内主要VC30社以上のキャピタリスト・30社以上の弁護士事務所/税理士法人/各領域の専門家と、SlackQ&A/投資面談申込など、点ではなく線のやりとりが可能。
StartPlugin「AWS 5,000USD分の AWS Activate クレジット」など、30社以上の参画パートナーからの特典が利用可能。
StartQounter:Slack・LINEでのQ&A、Facebookナレッジポータル、月4回以上のZoomウェビナーなど、起業家同士の最前線ナレッジ・コミュニティ。

 

【メディア掲載】朝日新聞でご紹介いただきました!

posted:2018.12.6 MEDIA

2018年12月5日の朝日新聞で弊社の取り組みをご紹介いただきました。

 
mass×massはコワーキングスペースの運営だけでなく、一緒に地域を盛り上げるプロジェクトや事業を応援しています。
 
第一線で活躍するトップランナーをお招きして、新しいアイデアや経験をシェアしてもらうトークイベントmass×mass cafeをはじめ、ソーシャルビジネスやNPO立ち上げをサポートするスクールやコミュニティの運営を行なっています。
スクールからこれまでに37名が事業を立ち上げており、横浜や地域を盛り上げるプロジェクトをおこなっています。
 
また、コワーキングスペースではソーシャルビジネスに関わる事業者と交流できるイベントや同じレイヤの人たちが集える場づくりを積極的に行い、mass×massの入居者同士で良いシナジーが生まれるようにしています。
 
mass×massは立ち上げから8年目を迎え、様々なメディアに取り上げていただいています。
今後もさらに地域を盛り上げるプロジェクトや事業を応援し、横浜をよりワクワクするエリアにしていきたいと思います!

【メディア掲載】朝日新聞に掲載されました。

posted:2018.8.18 MEDIA

2018年8月15日の朝日新聞で【あおば地域起業セミナー】の取り組みをご紹介いただきました。

このプログラムでは、講義や現場視察を通して、まちのプレイヤーになるための視点やマインド、仲間づくりをしていきます。
 
これまで企業で働いてきたひとたちが、街へ出て、地域をステージにあたらしいチャレンジしたい、地域を盛り上げるプロジェクトをカタチにしたい。そんな想いをこのプログラムを通して、後押ししていきたいと思います。

まずは、地域を知りたい!という方にとっても、見る視点が養われるぴったりの時間になると思います!
すでに定員を上回る方々からエントリーいただいていますが、ご興味のある方はぜひ下記のURLからお申し込みください。
 
◎プログラムの詳細、お申込みはこちらから
http://massmass.jp/project/aoba_secondcareer2018/

【メディア掲載】雑誌『シェアリングスタイル』に掲載いただきました!

posted:2018.4.16 MEDIA

「シェアリングスタイル」という雑誌の「Share Office Catalog」のコーナー。
 
マスマスの他にも、全国津々浦々のシェアオフィスが紹介されています!(ここ数年で、たくさん増えましたねー!)
 
その他にもクリエティビティ溢れる働き方を実践している人たちが紹介されていたり、本当に知っておいた方が良い「お金にまつわるフリーランスの基礎知識」まで!
まさに、かゆいところに手が届いている一冊….!
 
来週から私たちもコワーキングキャンプを実施しますが、自分らしく多様な働き方ができる地域が全国に増えるといいですね。
 

amazonからも買えるようです!!
https://amzn.to/2Gz3yYh

【メディア掲載】神奈川新聞に掲載されました!

posted:2017.12.25 MEDIA

2017年12月18日の神奈川新聞で【横浜エシカルキオスク勉強会】の取り組みをご紹介いただきました。
 
コワーキングスペースmass×massで開催されていたマスマスカレッジ・エシカルスクールは、
エシカル&ローカルなお店づくりを目指す「横浜エシカル・キオスク」に共感していただける皆さんと、
店舗運営やブランディング、デザインの分野で、今の顧客ニーズやマーケットに合わせた展開で着々と成果を上げている方々を講師としてお招きしてました。
 
全5回の講義を通して、エシカルショップの輪郭をつかみます。
 
▽マスマスカレッジ・エシカルスクール
http://massmass.jp/project/ethical_school2017/