• TOP
  • PROJECT
  • DEN-EN
  • 【田園都市で暮らす、働く】初心者向けオンライン講座
PROJECT / DEN-EN

【田園都市で暮らす、働く】初心者向けオンライン講座

posted:

田園都市で暮らす、働くプロジェクトとは

持続可能な郊外住宅地のためには、地域で新しい働き方が生まれ、充実したライフスタイルを送れることが大切と考えます。さまざまなプログラムを通じて、田園都市沿線での豊かで新しい暮らし方・働き方を創出するプロジェクトです。

▶︎次世代郊外まちづくりの活動の一環です。

 
 

第2回 「初心者向けオンライン講座」開催
ご好評につき第2回目の「初心者向けオンライン講座」開催が決定いたしました。
詳細は下記となります。ぜひこの機会にご参加ください。

開催日:2020年 8月6日(木)
時間:10:30〜11:30
参加料:無料
場所:オンラインにて開催(開催前にメールにてURLを送りますのでそちらにアクセスしてください。)
 

▼ 申し込み・詳細は下記スペシャルサイトへ ▼

 
 

初心者向けオンライン講座とは

今年度も田園都市で暮らす、働くプロジェクトが始まり、毎年好評いただいている「プロボノ実践講座」「SECOND CAREER 地域起業セミナー」をはじめ「田園都市で暮らす、働くを語る」というトークイベントも次々と開催予定です。
 

この度の新型コロナウィルスの影響で、オンラインでの開催イベントも多く、「参加したいけれどオンラインでの講座ってどうすればよいの?」と不安を抱いている方も多いかと思います。
そこで、イベント企画からデザインまで幅広く手がける田原雅さんをお迎えし、オンラインツール「Zoomウェビナー」「Zoom」の環境設定や使い方をレクチャーする初心者向けオンライン講座を開催いたしました。
 

好評により多くのリクエストがありましたので、当日のアーカイブ動画をアップいたしました。また、参加いただいたみなさんから出た疑問をまとめたQ&Aも掲載しましたので、ぜひお役立てください。
 

オンラインでの開催は、距離や時間に制限があり現地になかなか来られない方にも参加していただけ、新たな可能性を感じております。
これからも様々なイベントを用意しておりますので、ぜひご参加ください。
 
 

講師紹介

 

 
田原 雅
2007年より桜台でアンティーク家具の販売、イベント企画、デザインを手掛けるエスニカを営む。2016年秋のmass x massで実施されたソーシャルビジネススタートアップ講座では、自らが副会長を務める商店会と地域住民の課題解決をプランニングし、評価を受ける。地元企業のロゴ製作、什器類のデザインと製作、さらにDTPやウェブまで、幅広いサービスを展開。今回は、オンラインで受講する方のサポートを担当。
 
 
 
 

第1回講座 アーカーブ・みんなの質問

 

アーカイブ動画

 

 

みんなの疑問

ここでは、第1回講座内で出た質問や疑問について、まとめました。
以前質問した回答をもう一度知りたい!このような事に疑問を感じている‥‥等々
ぜひ、このページが皆様のご参考になれば幸いです!

 

Zoomウェビナー編

Q1. Zoomウェビナーで、ホストが全員の顔が見えるように設定することはできますか?

A1.
できません。
ウェビナーで、顔が見えるようにするには「視聴者をパネリストへ昇格」する方法しかありません。
全員のお顔が映るようにしたいのであれば、Zoomミーティングというツールの使用もご検討ください。
 

Q2. ZoomウェビナーのQ&Aでは、質問した内容は全員に公開されてしまうのでしょうか?

A2.
主催者側の設定によって、
【プライベートに回答】 → 個人的に返信が来ます。
【ライブで回答】 → 口頭での回答となり、Q&Aの部分には「ライブで回答」と表示されます。
【回答】 → 質問内容は公開され、回答の内容もQ&Aに文字にて表示されます。
また、主催者側の設定により「匿名」での質問が可能な場合もあります。
 

共通編

Q1. スマートフォンのように、画面共有をしている資料を自在に拡大することはできますか?

A1.
そのような機能は、残念ながらありません。
ただ、資料共有している画面のサイズを大きく設定することは可能です。
(アーカイブ動画に方法を説明しておりますのでご参照ください。)
 

Q2.音が二重に聞こえてしまう。また反響して聞こえる場合はどう対応したらよいか?

A2.
TVやラジオ、BGMが周りで聞こえる場合は一旦消してみてください。
また、ご自身がお話しをされない時は消音(ミュート)機能を活用されるのもよいかと思います。
また、マイク付きヘッドフォンなどがご自宅にある場合は、そちらも使用されてみてください。